カテゴリー
ヘアケア

辛い物を食べると薄毛になる?真相は? 

辛い食べ物を食べると薄毛の原因になるイメージが多いかもしれません。
実は辛い物を食べても薄毛になりません。

MEDULLA(メデュラ)シャンプー

しかし、辛いものを食べると発汗して、頭皮に汗をかきやすく、頭皮が不衛生になりやすいことは確かです。そのため発汗したらシャンプーで洗うことをオススメします。髪を衛生的に保つようにすることで、血行を良くすることができ、頭皮が柔らかい状態に保つことができます。

激辛料理は抜け毛の原因?この噂の真実とは!?
「激辛料理を食べるとハゲる」と思っている人や「激辛料理は育毛にいい」と思っている人に分かれます。実際どちらが正しいか迷ってしいます。
最近は激辛ブームということもあります。辛い物が好きな方はとても気になるのではないでしょうか。
実際どちらでしょう。激辛を食べると本当にハゲるのか、それとも激辛には育毛効果があるのか?全く正反対の意見です。薄毛が気になる人にとってはとても大変な問題でしょう。

なぜ、辛いものを食べると髪の毛に良くないのか?
辛いものを食べると暑くもないのに体が内側から温まるようになります。それだけでなく真冬でも汗をかきやすいです。
辛いものの代表として唐辛子が有名です。その唐辛子に含まれるカプサイシンという成分に発汗作用があり、カプサイシンは唐辛子の主成分となっているため、唐辛子を食べると汗が出てくるようになります。
それも、それ以上に辛い激辛料理を食べることで、頭からも大量の汗が出て皮脂の分泌が多くなるため、毛穴が詰まりやすく頭皮の状態が悪くなります。激辛料理は髪の毛には良くないのです。
しかし、これはあくまでもそう言っている人たちがいるだけであり、実は科学的根拠はないのです。