カテゴリー
妊娠

妊娠中は感情のコントロールができなくなった

妊娠中、私が1番戸惑ったのは「自分の感情のコントロールがまったくできないこと」でした。妊娠するまでは自分で言うのもなんですが、いつも冷静でしたし、何かあっても落ち着いて対応ができる方でした。もちろん人間ですから、仕事や人間関係でイラっとしたり、悲しくなったりと、いろいろな気持ちにはなります。でも、だからってすぐに怒りを口に出したり、態度で表すことはありませんでした。

板野友美さんおすすめ葉酸サプリ!ベルタママリズムの9つの特徴と私の口コミ体験談!

カッと頭に血がのぼっても、心の中で10秒間数えます。すると自然と怒りが収まり、冷静に話すことができます。そうやって生きてきました。なのに、妊娠中は人が変わったように怒ったり泣いたりしました。人前で感情を爆発させる私を見たことがなかった旦那は本当に驚いたと思います。母は妊娠出産の経験者なので、私が何を言っても「そういう時もあるよ」と笑って流してくれました。その母の明るい態度のおかげで何とか妊娠中の所謂「情緒不安定な状態」を乗り越えることができたのだと思います。私がとくに怒りをぶつけたのは旦那です。

仕事に対してもかなりイライラしたのですが、1番長く一緒にいるのは旦那なので、旦那が1番の被害者となってしまいました。旦那なりに気をつかってやってくれたり、言ってくれたことに、なぜか無性に腹が立って仕方がありませんでした。今、冷静になって考えたら「そんなに怒ることではないのにな」と思えるのですが、その時はとにかく許せなくて。そんなイライラを私は好きな食べ物を食べまくることで解消しようとしました。とくに、妊娠前は太るからと控えていたチョコレートやポテトチップスを毎日ものすごい量食べまくりました。その結果が25キロ増なのです。でも、人に当たるよりも食べ物で解消した方が平和ですし、人に迷惑をかけることもないので、まぁ仕方がないかなぁと自分では思っています。