カテゴリー
婚活

よりを戻すのは3度目まで

学生時代、私が経験したことである。
私は恋人と別れた後、一緒に行った場所や一緒に聴いた音楽を思い出しては一人物寂しい気持ちになってしまう、典型的な未練男である。結果、同じ恋人と2.3度付き合うことが数回あった。主に私から連絡をとることが多かった。

バツイチ婚活情報局 | 再婚相手が見つかる出会いの場を紹介

振り返って思うことは、よりを戻すのは3度目が最後だということだ。それ以上の経験が私にはないこともあるが、よりを戻す度にその子との未来がなんとなく見えてくるからである。生涯、一緒にいたいと自分が本当に思える相手なのか。また、相手にとって自分が本当に必要な存在なのか。一度よりを戻すだけでは分からない世界がそこにはあるように思う。付き合い→別れ→付き合い→別れ・・そこでまた付き合うには体力も根気もいる。

それを乗り越えてまた付き合う、いや付き合える相手は、本当に特別な存在だ。
よりを3度戻せた学生時代の恋人が今の妻である。3度目は1年以上も間があいた。連絡を取りあったのも1年以上あいていたのだ。不思議なもので、その時たまたまお互い引っ越し前で、引っ越し先が近所だったのである。運命的なものも後押しして、「3度目の正直」が実ったのである。

よりを戻すのは3度目が最後。私にとって、人生最大の恋愛だった。

カテゴリー
婚活

おもいで。

「今、帰り?」
 中学二年生の頃。自転車通学の私は、通学路いちきつくて長い坂道を自転車を押して登っていた最中だった。
 突然後ろから声を掛けられてひどく驚いた。

http://www.ejgold.org/

 慌てて振り返れば見知らぬ男子中学生。外見で人を見るのが苦手な私は、この時の彼のことを年下だろうかと判断してしまった。
「うん……、帰り」
 年下というだけで苦手意識があった為、私の返事は素っ気ないものに聞こえただろう。

 それでも構わなかったのか、彼は自転車から降りて、私の横に並ぶと同じように押して歩き出した。
 どうしようかと私は内心焦った。
 名前を聞くべきだろうかと悩む。

 どうしてそんなに狼狽しているかというと、この通学路は私しか使用者がいないはずなのである。
 小学生半ばから自転車通学を続けていただけ、見知らぬ誰かが同じようにこの長い坂道を、しかも立ち漕ぎでてっぺんまで登り切ろうとしていたのだから、動揺するなというほうが難しい。
「それ、あつくね?」
 安全の為だからと律儀にかぶっていた通学用のヘルメットを指摘されて、私は思わずそれを右手で押さえた。

「転んだら怪我したくないもの」
 彼の自転車かごに入った校章入りの白いヘルメットを睨みながら反論してみるが彼は小さく笑うだけだった。

「脱げよ、あっついじゃん」
 まだ、六月も終わりかけたばかりの季節に、彼と通学路が一緒だったということを私は知るのだった。

カテゴリー
婚活

海外でのアプローチ難

海外短期語学研修で、英語しか話せない環境で不安もありましたが、教室には日本人が一人もいませんでした。そんな教室の中で色が白くて、髪が黒く、顔立ちは整ったドイツ人の男子が輝いていました。私は一目ぼれをしてしまったのです。英語も話せなくて相手はドイツ人で、彼もまた英語を習得しようとしていましたが、私のレベルよりは発音も文法も優れていました。

http://www.homoludicus-sabadell.org/

授業で一緒にコンビを組んで練習をするときに韓国人の女の子と仲良くなって彼が好きなことをうちあけると全面協力してくれました。なんと男女でコンビを組んでやる時に私と彼をくっつけてくれました。内容は初デートにいくならどこというテーマでたどたどしい英会話ながら二人とも水族館に行きたいということで意見が一致してうれしくなりました。

なんとか日本に帰る前に自分の気持ちを伝えて連絡先を交換しました。その当時はスカイプなどなかったので、英語でメールのやりとりをしましたが時差があるのと、なかなか英語でうまく自分の気持ち伝えられず、付き合うまでにはいたりませんでした。彼とはいい友達になって、韓国の女友達との連絡で彼には彼女がいることがわかりました。メールでのやりとりでそのようなことすら感じ取れなくて遠距離で海外の人と英語がうまく話せないと難しいなと感じました。

カテゴリー
婚活

恋に落としたいなら無意識から

恋愛において何が大切だと思いますか?
見た目、面白さ、趣味が合うこと等色々上げられると思います。それは全て正解です。ただ見た目もゴリマッチョな人が好きという子もいれば、弱々しい守りたくなる子が好きという子もいます。この辺りは人によって好みが分かれます。

医者との出会いが見つかる婚活

色んな人に好かれたいのにダメじゃんと思いましたか?
安心してください。人間は意識しているものは好き嫌いを付けますが、無意識は好き嫌いをつけようがありません。無意識は勝手に判断します。さらに驚くべきことは無意識は意識の2万倍の力があるとも言われています。

今まで散々恋愛の本を読んだけどうまく行かなかった人。それは相手の無意識を仲間にすることが出来なかったからです。こんなお店にいきましょうやこんな話をしましょうと書いてる恋愛本は多いです。ただそんなので好きになるほど、人間は単純に作られていません。
だからここで私が伝えたいのは無意識を味方につければ相手を恋に落とすことが出来るということです。

急に無意識とか意識とか言われても私には無理だと思っている方。安心してください。無意識が大事なんだくらいだけ覚えていただければ大丈夫です。実際に色んな女性に使い効果的だった私の技をそのまま皆様にお伝えしていきます。難しい言葉はいらない。ただ実践してもらえれば結果は出ます。勿論広まり過ぎると危険なので期間限定で配信します。お楽しみに。