カテゴリー
口臭

グッバイ!お口トラブル

口臭と一口に言っても、さまざまな原因があることをご存知でしょうか。http://anotherinferno.zombie.jp/
どうして口臭は起こるのか、その原因と対処法について今回はお話します。

大きく分けて口臭には、【生理的口臭】と【病的口臭】があります。

【生理的口臭】
・起床時に気になる口臭
寝ている間、唾液の分泌は制御されます。そのため、口内の細菌が繁殖し、口臭につながります。
対策としては、起きたら歯磨きをし、口の中の細菌を洗い流しましょう。また、コップ一杯の水やお茶を飲み、口内を潤してあげましょう。就寝前の歯磨きも重要です。しっかり汚れを落としましょう。
・空腹時に発生する口臭
唾液には口の中を洗浄したり、殺菌する効果があります。噛むことで唾液は分泌されますが、空腹時は何も食べていないため、唾液の量が減少してしまいます。すると、口内は乾燥し、細菌が繁殖。口臭が発生してしまいます。
対策は、ガムや飴などを舐め、唾液を分泌させましょう。飲食できない場合は、梅干しやレモンなど酸っぱい食べ物を想像すると唾液が分泌されます。
・緊張時に起こる口臭
唾液の分泌には自律神経が関係しており、緊張時は交感神経の働きが強くなります。交感神経には唾液の分泌量を低下させる働きがあるため、口内が乾いて口臭の原因になっています。
リラックスすることを心がけましょう。リラックスすることによって唾液量が増え、口臭は改善されます。

【病的口臭】
・歯周病による口臭
歯周病にかかってしまうと、歯周ポケットが広がり、そこに口臭の原因菌が付着しやすくなってしまいます。硫黄のような卵が腐った臭いに近い口臭がしたら、要注意です。
・虫歯が原因の口臭
歯を溶かす臭いと歯に付着した歯垢が食べかすを分解するときに出す臭いが口臭の原因です。虫歯が進行するにつれ、臭いも強くなってしまいます。
・内臓系、呼吸器系の疾患から来る口臭
胃の病気にかかっていると、生ごみのような口臭がします。腎臓が悪いと、尿のようなアンモニア臭に似た口臭がし、糖尿病の場合はりんごが腐ったような甘酸っぱい口臭がするといわれています。

【病的口臭】の場合、早めの治療が大切です。少しでも口臭について気になるようでしたら、医療機関を受診することをおすすめします。

口臭ケアについてお話しましたが、一番は定期的に歯科医院に通い、歯のお手入れをすることが大切です。いつまでも自分の歯で美味しい物をたくさん食べられるようにしていきたいですね!

カテゴリー
口臭

キッチンにある“アレ”が口臭対策に?

「毎日ちゃんと歯磨きしてるのに口臭が気になる…」という方は多いのではないでしょうか。

アリートの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用した私の口コミ体験談!

特に最近では暑くてもマスクをする機会が増え自身の口臭が気になるという方が増えているそうです。

ですので今回は自宅で簡単なにできる方法をご紹介いたします。

その方法とは【オリーブオイルでうがいをすること】です。

そもそも何故毎日の歯磨きを欠かしていないのにも関わらず口臭が発生してしまうのかといいますと、原因の一つとして磨き残しがあります。

歯磨きで完璧に汚れを取り除くのは難しいとされているため、どうしても口臭が起きてしまうわけです。

オリーブオイルでうがいをすると口の中に残った汚れを取り除いてくれるだけではなく、歯や舌をコーティングしてくれる作用もあります。

分量は大さじ1杯程度でOK!

うがいと言ってもガラガラと喉の洗浄するようなやりかたではなく、口の中でオリーブオイルを動かすイメージです。

10~20分ほどを推奨している方もいるようですが、多分無理です。疲れます。

ですので私は口のトレーニングのつもりで「キツくなったら止める」というふうにしています。

オリーブオイルに限らず、ココナッツオイルやごま油などの植物性のものなら代用ができるとのことですので自宅にオリーブオイルがない方でもお試しになれるかと思います。

また油はそのまま洗面台の吐き出してしまうのはNG!

ティッシュペーパーや新聞紙などに吐き出して燃えるごみとして廃棄しましょう。

カテゴリー
口臭

口臭で自分の臭いが気になる時

体臭というほどの悩みはないのですが、以前自覚はないのに、なんとなく口臭のことを指摘された経験があります。http://yamanashi.main.jp/

ただ、口臭も場所が違うだけで体臭とほぼ変わらないですよね。

結構、言い方によってはショックなのですが、当時言われた相手が男性だったので、かなり内心びっくりしました。

そういうことは、あまり親しい間柄ではないと、言いにくいかと思いますが、気がついたら、言ってもらわないとかえって知らないままの自分が

悲しい場合もありますよね。当時は、遠回しに言われた感じだったのでそこまで果たしてどうなのかが、自分では

かなりわかりずらかったと思います。ただ、気をつけなければいけないなと思って、バラのサプリメントなど、舐めるようにした覚えがあります。

たぶん口臭の臭いは内臓から来ているので、体調が悪かったり、または体質によってどうしても臭ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私が舐めたのは、イツデモというショップなどで売っていた、大体500円するかしないかくらいのサプリで、それでもたぶん効果があったように

思います。たまにテレビショッピングなどで売っているものなどは、もっと高く数千円くらいはすると思いますが、

やっぱり近くで話したりする時は、女性なら特に気をつけた方がいいと思います。

せっかくいい感じでお話していても、いざ近くに寄ったら、息が臭ったら台無しですからね。これは男女とわず、女性同士でも

大事なので、私も時々気をつけようと思います。

カテゴリー
口臭

私の口のにおいはとても臭くていやです。

私は朝起きた時の自分の口のにおいがとても臭くてとてもいやな気持でいます。特に機能焼き肉や餃子を食べたという時なんかはそれはそれはひどくってものすごく辛い思いをしています。それに私は結構人と比べて口が小さいと思っているのですがそれにもかかわらずものすごく臭いのです。どうにかしたくてキシリトールとかも食べてはいたのですがやっぱりそれなりにいろいろと大変で長くは続きませんでした。

http://watamamasmile.com/

だから私は今とてもつらくてとてもいやな思いをしています。それに私は結構辛くてとてもじゃないけれどしんどいことが多くて辛いのです。私は正直言って今の状態では何も変わらないと思ってしまっていますので今一度どうしていったらいいのかというのを考えてはいます。ただ今の所何の解決策も見当たらないですのでどうしたらよいのかというのがとても気になってしまっているのです。私は正直とてもつらい思いをしていてとてもしんどいですしとてもつらいです。

だからと言っては何ですがやっぱりそれなりにいろいろとしんどい部分はあってもうどうしようもないということが多いためこのままじゃどうにかなってしまうということを感じています。この先が不安で不安で仕方がありません。

カテゴリー
口臭

子供の口臭の原因はなんだ

私は、以前は保育士として勤務しておりました。仕事柄、子どもたちと近い距離で接することが多くありました。0歳児など、月齢の低い赤ちゃんや1歳児クラスの低月齢児などの口臭を臭く感じたことは1度もありません。ですが、2歳児クラスになるとだんだんと口臭が気になる子供が増えていきます。

http://www.humungusfungusfest.com/

仕事をしているときはそこまで気にしていなかったのですが、いざ自分の子供が生まれるとその原因が気になり始めました。原因がわかれば、自分の子供の口内環境をよくしてあげられるのではないかと思ったからです。自分なりに原因を考えてみました。食事を食べる、食べないや、歯磨きをしているしていない、などの簡単な原因ではないと考えます。保育園はほとんど同じメニューを0歳児から5歳児まで提供していることと、歯ブラシの時間が全員に設けられているからです。

では、簡単にネットで検索してみると、唾液の量の違いが口臭に関係しているそうです。もう一つの原因は、腸内環境でした。排便が滞ってしまうと、どうしても直結しているので臭ってしまうこともあるそうです。1つ目の、唾液の量は親がコントロールするのは難しいので、2つめの腸内環境を整えてあげることを、自分の子供にはしてあげたいと思います。

カテゴリー
口臭

口臭の原因と対処について

口臭の原因は、大きく分けて2つあります。

1つめは、生理的口臭
これは、起床時や空腹時などに出るものです。
歯磨きや食事、水分補給で口臭は減少します。

ブレスマイルウォッシュの効果は評判以上!私の口コミと体験談まとめ!

2つ目は、病的口臭
これは、鼻や喉、内臓の疾患によって起こることもありますが、ほとんどは口の中のトラブルが原因となっています。
その多くは歯周病と虫歯です。

その他、食べ物による一時的な口臭などもあります。

子供の口臭は、歯磨き不足や口呼吸による口腔内の乾燥が主な原因ですが、「アデノイド増殖症」という病気や、「アレルギー性鼻炎」による口呼吸の習慣化が原因となることもあります。

口臭は狭い空間の中や、近距離で人と話す時など、気になってしまいますよね。

口臭を消すためには、その原因を消すことが一番大事ですが、応急処置としてはガムを噛むことがオススメです。

ガムを噛むことで唾液の分泌が増え、口腔内の洗浄効果も出ます。
ガムの種類は、キシリトールの配合率が高いものを選びましょう。
糖類は口腔内の細菌の餌となり、口臭を悪化させてしまいますので、糖類0gのものを選ぶことも重要です。

先程、病的口臭の原因の多くは歯周病と虫歯であるとお話ししましたが、その理由は細菌の存在です。

歯周病になると『歯周ポケット』という隙間に細菌が入り込みます。
歯周病が悪化する程、歯周ポケットの溝は深くなり、歯ブラシの毛先が届かなくなります。
するとその隙間の中で、歯周病の病原菌が増加し、細菌から出るガスによって口臭が引き起こされます。

虫歯は、虫歯となった穴の中で細菌が増殖し、口臭が引き起こされます。虫歯が進行して歯の神経まで到達すると、歯の神経が腐敗して更に強い口臭となります。

正しい歯磨きの方法としては、歯と歯茎の境目を、力を入れず小刻みに磨くことです。
自分の歯並びや被せ物にあった歯磨きを、歯医者で指導してもらいましょう。

そして、自分に合った歯ブラシを選ぶことも重要です。
硬めの歯ブラシを好む方もいるかと思いますが、歯茎を傷つけてしまったり、一番重要な歯と歯茎の境目を十分に磨くことができないことがあるため、オススメできません。

歯磨き粉は、粗い粒子(ツブツブしたもの)が入っていないものがオススメです。

歯磨きの後に洗口液を使用するのも効果的ですが、あくまで歯磨きがしっかりできた上で使用しなければ効果がありませんので、注意が必要です。

正しい歯磨きで、口臭の軽減、予防をしていきましょう。