カテゴリー
ダイエット

産後のたらだらダイエット

4年前、長女の出産をした後のダイエットのお話しです。グラマラスパッツとメディキュットを徹底比較!私のおすすめ着圧レギンスの口コミレビュー!

妊娠最後の体重測定は、なななんと154cm70kgでした(笑)

妊娠前も大食いぽっちゃりだったため、54キロくらいありました。

陣痛の長さや、帝王切開での出血多量で体力的にや、食欲も戻らず産後1か月経つと、56キロまで落ちていました。

長女が7か月経った頃、数ヶ月先のバースデーフォトに向けて写真写りのために(笑)ダイエットを決意しました。その時で、54キロくらいでした。

そこからまず、「基本的に夜ご飯を食べない」「1日食事の時間は8時間以内」に決め、好きな物は我慢せず食べました。又、夜に飲み会などに行くときは、大体何時くらいに解散するのかを逆算して8時間以内の食事スタイルを守っていました。

すると、2か月で4キロ落ちて50キロまで落ちました。

しかし顔についたお肉や、たくましい二の腕、気になる脚の太さとおしりの弛んだ感じはどうしても変わりませんでした。

そこで、食事制限に加えて、マッサージと筋トレの追加をしました。

お顔と太ももを毎日気がついたら揉むようにしました。おしりは、寝転がっている時、リビングでもベッドでも携帯やテレビを見ながら仰向けになってお尻を浮かせる運動を何度も行いました。

二の腕は手を後ろに持っていき「前にならえ」ならぬ、「後ろにならえ」を上下上下これもまた気がついたらやるようにしていました。

すると3か月程度で、食事制限の時に比べ、引き締まったメリハリボディになりした。その時の体重が48キロです。

私はこのくらいの体重が身体の健康に相応しく調子が良かったのでそこまでにして、48キロが安定するようになってからは、筋トレ量を2日に一回に減らし、マッサージは変わらず毎日やるようにしました。

私は今まで無理しすぎていつもダイエットに挫折していたので、好きなものが食べられて、だらだらながら筋トレやマッサージをすることによって毎日続けられました。

カテゴリー
ペット

13歳になった雑種の愛犬

我が家には13歳になるオスの中型犬がおります。

我が家で犬を飼うと決めた時、真っ先に里親募集で検索し、保健所の一覧なども参考にしました。

Ta-Ta(タータ)の口コミと効果をレポート!近所のお店では市販されている?

希望条件として、同じ関東圏、電車で迎えに行ける範囲ということで探しました。

当時希望の子犬は親犬が5キロほどの為、成長しても5キロ前後だというお話でしたので愛犬に決めました。

迎えに行った時、母犬と離れるのが寂しかったのか、終始しょぼんとして元気がなかった事を覚えています。

尻尾振ることもなく、ただしょんぼりしてました。

自宅に着いてからも大人しく過ごし、1週間ほど経った頃ようやく元気に遊ぶ様になりました。

我が家に来てからご飯をモリモリ食べ、スクスクと育ち、あっという間に親犬を越える大きさに育ちました。

14キロです。雑種のびっくり箱感凄いです。育つまでどうなるかわかりませんし、毛色も変わります。

小型だと思ってたらまさかの14キロの中型犬に育ったのです。もらってきた当日もコロコロして大きな子犬だと思ってましたが中型犬に育つとは考えもしませんでした。

イタズラも脱走もしてきましたが、大きな怪我も病気もなく13年過ごしました。

最近ではアレルギーが発覚し、食べるものが限られてしまいました。

今まで与えていたオヤツもあげることが出来ません。

アレルギー用のご飯と水のみになりました。可哀想な気がしてますが、とても元気そうにしてます。

またオヤツをたくさん食べさせてあげたいです。